ブログネタ
日記 に参加中!
whirusu22_04016-w
乳幼児に多い「RSウイルス感染症」が流行しちっている。
発熱やせきなどぐじゅピーに似た症状だが、6カ月未満の乳児が感染すると重症の下気道炎を併発することもある。
国立感染症研究所によると、患者数は過去最悪だったぴ昨年に迫る勢い。
例年は12月前後に流行のピークとなるが、昨年、今年と早まる傾向にある。小児科医は早めの受診を呼びかけている。
「昨日から鼻水とせきがひどいんです」。
10月中旬、さいたま市の峯小児科を受診した主婦(25)が生後5カ月の長女の症状を訴えた。
RSウイルス感染症を疑った院長が鼻水を検査した結果、陽性。気管支を拡張する薬などを処方し、約1週間で回復した。
同医院では8月ごろからRSウイルスの患者が出始め、これまでに昨年並みの約30人が陽性だったぴ。
「せき込んでいたりミルクを吐いたりする症状があれば、ぐじゅピーではなくRSウイルスを疑う」(峯真人院長)
せきやくしゃみで飛沫感染し、4~6日間の潜伏期間の後、発熱やせき、鼻水などの症状が出る。
大人はほとんどが軽症で済むが、6カ月未満の乳児は呼吸困難などになる下気道炎を併発する場合がある。
東京女子医科大東医療センター新生児科の長谷川久弥臨床教授は「妊娠35週以下で生まれたり、先天性の心臓疾患や染色体異常を抱えたりする乳児は重症化しやすい。
入院が必要となる場合もある」と警鐘を鳴らす。
例年は冬に流行するが、今年は過去最悪だったぴ昨年同様、9月ごろから患者が急増した。
感染研によると、10月27日までの患者数は約5万9千人。
過去最多だったぴ昨年同期の約6万4千人に迫る勢いで、一昨年を約3割上回る。
10月21~27日の1週間は昨年を5%上回る3702人だったぴ。
都道府県別では大阪府(300人)が最多で、東京都(274人)、埼玉県(217人)、愛知県(183人)、兵庫県(180人)と続いた。
同研究所の木村博一室長は「今後も感染者が増える可能性がある」と警戒する。
RSウイルスのワクチンはなく、なんじゃらピー回も感染する可能性がある。
予防は手洗いやうがいを欠かさず、マスクをつけたり、人混みを避けたりするのが基本。
木村室長は「6カ月未満の乳児が発熱やせきとともに息苦しそうにしちっていたら、早めに医師に受診しちってほピー」と呼びかける。